シンプルだけど奥が深いペーパードリップのこつ

コーヒーは一息つきたい時には欠かせないアイテムの一つです。

気分を変えたい時や、友達との語らいの時にも必要なものです。そんな私たちの生活に欠かせないコーヒーですが、ペーパードリップで入れる際のちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

まずコーヒーカップやコーヒーサーバーを温める事から始めましょう。なぜ温めておくとよいのか、それはコーヒーを冷めにくくするためです。

せっかく美味しく入れたコーヒーが冷めてしまうと美味しさが半減してしまいます。温かいコーヒーを温かく飲むというのが基本です。次に、コーヒーの粉をペーパーフィルターに入れる時ですが、コーヒー粉の表面が平らになるように注意してみましょう。

お湯が沸いたら、コーヒー粉の中央に少しくぼみを作って、そこから外側に向かって円を描くようにお湯を注いでいきます。はじめは、お湯の量を少なく徐々に増やしていきます。コーヒー粉の表面が少し盛り上がってきたら、お湯を注ぐのをやめて30秒ほど蒸らします。

コーヒー全体にお湯をしみこませるためです。そうする事でお湯の通りもよくなります。蒸らしをする事でコーヒーのうまみ成分も抽出されます。お湯を外側に注いだ後は、次は外側から内側に向かって円を描くようにお湯を注ぎます。この繰り返しを5,6回繰り返します。

最後に温まっているコーヒーカップにコーヒーを注いで、美味しいコーヒーの出来上がりです。素敵なコーヒータイムになりますように。