インスタントを使ったお手軽アイスコーヒーが好き

最近、近所にコナズコーヒーという、うどんの丸岡製麺を運営しているトリドールさんがオーナーのコーヒーショップに行ってきました。

家でも美味しいアイスコーヒーが飲みたい!という方に、よくお客さんにお出ししていたアイスコーヒーの作り方をご紹介します。

インスタントコーヒーを少量のお湯をいれてかき混ぜます。そして、コーヒーの原液ができます。そして、作ったコーヒーの原液をお好みのグラスに入れます。コーヒーを飲むコップ選びも重要です。グラスを使わなくても、湯呑を使ってもおしゃれかもしれません。

器は、アイスコーヒーを作る方のセンスにお任せします。そして、適量のお水を注ぎます。お水は、日本産の軟水を使用するとよいでしょう。アイスコーヒーができあがったとき、透明度が高く見た目がきれいです。そして、アイスコーヒーの中に氷を入れます。アイスコーヒープラスちょっとした小さいお菓子を添えるといいですよ。例えば、一口サイズのチョコレートやまんじゅうやクッキーなどです。甘いお菓子でもしょっぱいお菓子でもいいと思います。飲み物だけでなく、お菓子を添えることで会話がはずみます。

あと、他にアイスコーヒーの作り方として、麦茶みたいな紙パック状で売っているアイスコーヒーのものもあります。容器にアイスコーヒーのもとになる紙パックをいれて、適量のお水を注いで、冷蔵庫で冷やします。おそらく、2時間か3時間くらいでおいしいアイスコーヒーができるでしょう。お水は、お好みのアイスコーヒーの濃度にしてください。濃いめが好きな方は、お水を減らしたり、薄い味が好きな方はお水を増やしたりして調整してください。

美味しいコーヒーで減量!正月太りした体をダイエット

お正月に美味しいおせち料理を食べ過ぎてしまい体重がかなり増えてしまいました。もう、2月になるというのに全然ダイエットできていません。

そんな私は最近コーヒーダイエットを積極的に取り入れています。

コーヒーダイエットはとても有効的な方法だと感じています。実際に私が行っている事を紹介したいと思います。

まず初めに、運動を行う30分前にブラックコーヒーを飲みます。ここでのポイントは糖分を含んだコーヒーではなくブラックコーヒーを選択する事です。体に無駄な糖分を入れない事により、より脂肪燃焼を優先的に行えるようにする為です。コーヒーを摂取しないで行った運動とコーヒーを摂取して行った運動では、明らかに発汗量も変わってくると実体験しています。

また、運動だけではなく、私がもう一つコーヒーを活用している事として、お通じ・お小水の回数を増やす目的で摂取しています。

前日に食べ過ぎてしまった、飲みすぎてしまったという次の日は朝・昼ぐらいまではブラックコーヒーを飲み過ごします。少しでも便意・尿意を感じた時には、つかさずトイレに行くようにしています(汚い話ですが、体の中にあるものを絞りだす感じです。

そうする事により、1日である程度、体内に入っている内容物は外に排出されるかと思います。その事により、食べ過ぎ・飲み過ぎてしまった前の体重まで、比較的すぐに戻す事ができると思います。

私は、この方法を実践して、1年で約10kgの減量に成功する事が出来ました。なかなか、コーヒーダイエットに対して理解してくれる人が私の周りには少ないですが、身をもって効果があると感じているので是非実践してほしいダイエット方法かと思います。